・共著『思春期サバイバル』好評発売中です(←この左横にある本です)。
季刊セクシュアリティにエッセイを書きました
Synodosに記事を書きました
・9月27日、大阪市淀川区で講演します。
10月に大阪で開かれるセクマイ支援全国大会で分科会やります。

 ---------------------------------------------------------------------------
記憶と情熱の新鮮なうちに記録をば。

スタディツアー1日目は

The National LGBT Cancer Network

の代表リズ(Liz Margolies)さんのお話を伺いました。

こちらの団体はLGBTとガンの問題に取り組んでいて、HPは超かっこいいけど、実は事務所ナシ。
代表のリズさんはサイコセラピストとして仕事をしつつ、団体運営をされています。
要するに、団体だけじゃ食えないからです。

「え、でもNYってLGBT団体への金周りは潤沢なんじゃないの?」

と尋ねると、そうじゃない団体もいっぱいあるとのこと。


(↑you tube見ると、超かっちりしている団体に見えます)

リズさんは、アメリカでもっとも影響力のあるLGBT活動家100人のうちの一人にも選ばれていて、
受賞の際にはホワイトハウスにも呼ばれたのに、その正体はジーンズを履いて、飾らない方。
ホワイトハウスにいったとき、パートナーからロマンチックにプロポーズされたけど、実は結婚制度にそんなに乗り気じゃなかったから複雑な気持ちだったとのことでした(笑)

10502537_640728752707882_6122248352807355315_n













7年前から活動を開始しているけど、まとまった助成金がもらえたのは1年前からで、内職みたいな感じだと言うので「自分も同じくフルタイムで別の仕事持ってるんですよ〜」と言うと、

「きみが知ってるように、情熱(Passion)があれば、お金がなくたって、大きなことはできる!」

とハッキリ。
ツアーの最初に出会ったのが、身近に感じられる人でよかった……!

+++++++++++++++++++++++++++ 

さて、この団体は主に3つの活動を行っています。

 。味韮贈圓凌佑妨けてガンに関する知識を広めること
◆^緡鉄愀玄圓紡个靴藤味韮贈圓里海箸魴屡すること
 調査機関やメディア関係者に対して要望活動(アドボカシー)を行うこと



LGBTと医療関係の問題というと、よく語られるのは

・MSMの人たちのHIV/AIDS対策
・レズビアンの乳がん対策 
・トランスジェンダーの医療現場での扱い全般


あたりなので、LGBTとガンというと「正直それって関係あるの?」と、ここに来るまで思っていました。
この感覚はNYの人たちも同じ。LGBTとガンを関連づけて考える発想は、それほどポピュラーではない模様でした。

「なんでガンなの?」と尋ねると、

「アメリカでは、最も乳ガンになるのは白人女性なのに、乳ガンで最も死ぬのは黒人女性。こういう人種とか社会的な立場によって、ガンという疾患は同じ疾患でも、属性ごとのアプローチを考えないといけない」

とのこと。

「ガンは生活習慣と大きく関わってくる病気で、喫煙や肥満、過度の飲酒、ストレスと関連している。LGBTの喫煙率の高さは、実際にガンへの罹患リスクを高めている。また、病院へいかない/いった際にも実際に差別されていることがある。痛みどめをほしいと頼んでも無視されたり、よくわかんないからセラピストにいったらと言われるトランスの人がいる。ガンは差別しないっていうけど、実際には差別と病気は繋がっている

とのことでした。なるほど。

日本でもLGBTの医療現場におけるいろいろな困りごとは QWRCさんが作成した

「LGBTと医療・福祉」

などにまとめられているけれど、NYで起きていることも基本的には日本の状況と大差なさそう。

ピンク色の壁紙の産婦人科にはFTMは行けないし、病院での面会権も、いまだに完全には確保されていないとのことでした。これ、オバマが法律を作って面会権を誰にでも認めるとしたけど、現場は変わってないそうです(大変ね)。

そんな環境の元、LGBTのことを医療現場でも知ってもらうべく頑張っているのがリズさんなのです。

「大半の人は話せばわかってくれる。本当にどうしようもなくキーッとなってしまうフォビアの人は、そう簡単は変わらないだろうけど」
「彼らは本当にLGBTが何かをわかっていない。だから”どんなことを研修したらいい?”なんてニーズを聞いても当事者のニーズとはズレてるんだよ。あと、レインボーシールを貼ればいいってもんでもないわ。やっぱりきちんと理解が必要」
「なんで続けているのかって?大変な現状を訴えるメールが来る。やらなきゃいけないからやってんのよ」


その言葉は、動き続けてきた人ならではの(見覚えのある)明快さと自由さにあふれておりました。
そうそう、アクティビストってこんな感じだよな。ある意味、少人数で動ける人、お金がないなりに動ける方法を知っている人は怖いものがないよな、というのが感想。 

医療機関関係は、もう1つ他団体を訪問予定なので、そちらも参考にしたいっす。

んでは、おやすみなさい!