・共著『思春期サバイバル』好評発売中です(←この左横にある本です)。
季刊セクシュアリティにエッセイを書きました 
Synodosに記事を書きました 
・9月27日、大阪市淀川区で講演します
・10月に大阪で開かれるセクマイ支援全国大会で分科会やります。 
----------------------------------------------------------- 
記憶と情熱の新鮮なうちに記録をばシリーズ。 

スタディツアー1日目の様子はこちら:「LGBTとガン」 
スタディツアー2日目の様子,呂海舛蕁Аコミュニティセンター
スタディツアー2日目の様子△呂海舛蕁АNY大のセンター
スタディツアー3日目の様子,呂海舛蕁Аgoogleの社内グループ
スタディツアー3日目の様子△呂海舛蕁АLGBTの高齢者デイケア
スタディツアー4日目の様子,呂海舛蕁Аトランスの法的サポート
スタディツアー4日目の様子△呂海舛蕁АLGBTと依存症」 

少し間があいてしまった。
ツアー5日目は、LGBTの親の会であるPFLAGのミーティングに参加した後、LGBTの子育てに関する無料マガジン「Gay Parent Magazine」の編集長の御宅に御邪魔してきました。

まずは1件目のレポート。
PFLAG:PARENTS,FAMILIES AND FRIENDS OF LESBIANS AND GAYS

LGBT当事者の親やきょうだい、家族、友人のための分かち合いの会で、日本では「LGBTの家族と友人をつなぐ会」が同様の趣旨でミーティングを開催しています。
自助ミーティングだったため内容はここには書けないのですが、基本的には、日本の親と悩み方はほぼ似ているなという印象。ただ、ミーティングに来ている家族の民族的な背景はバラバラで、それゆえに、親どうしのやりとりが、ときにチグハグしている印象はありました。

例えば、こちらってカミングアウトが日本とは比べようがないくらい重要なことだとされているけれど(Silence=Deathというのは政治的にはその通りだけど、個人の生活はそれだけでは済まない部分もある)、国や親戚づきあいのコミュニティにおいては、その意味合いが全く異なってくると思われるわけです。そいう家庭ごとの事情の違いのようなものを、日本の「つなぐ会」よりもより濃密に感じたかな?と思いました。

 2件目のGay Parents Magazineは、郊外にある編集長の御宅にお邪魔してきました。                     
thumbnail
     












雑誌の雰囲気はこんな感じ。
表紙を飾るのは同性カップルと子どもたち。結婚しているカップルも、そうではないカップルもいます。

編集長のアンジェリーンさんは、もともと別の雑誌を編集されていた方。1990年代後半にご自身が養子を迎えるにあたって、この雑誌を創刊したそうです。最初は友人のカップルに表紙をお願いしていたけれど、その後続々と「自分たちを載せてくれ」という問い合わせが来たのだとか。広告の大半は私立学校、あとは精子バンクなどでした。

「子育てに必要ないろいろな知恵は、母親がアドバイスに載ってくれた」というアンジェリーンさん。
「LGBTだから孤立したりとかは特に感じたことがなかった。子どもどうしが仲良くなって、お互いの家族で交流することもあったけど、特に問題はなかったわ」

娘さんは現在、大学1年生。5歳のときに、幼稚園の友だちから「どうしてお母さんが二人いるの?」と尋ねられて「だって、あたしがそのほうがいいと思ったんだもん」と答えたそうです。かわいい…。

日本でも、レズビアンの母親を持つ友人にインタビューしたところ「もう物心ついたときから普通にそうだったから、特に考えたりはしなかったよ」とのことで、その家族内におけるフツーって、周りから「どうして?」と訊かれても「フツーだから」としか答えようのない部分を秘めているんだよなぁってことを思いました。



そういえば、マンガの「ニューヨーク・ニューヨーク」(ちょっと古い)でもゲイ・カップルが養子を取る描写があった。思春期になった娘さんが学校新聞の記者の少年にあれこれ失礼なことを聞かれて怒るナイスなシーンがあるけど(その後二人は急接近というありがちな展開w)、この作品も1990年代に描かれたもの。日本では、男性と結婚して離婚したレズビアン・カップルが連れ子を育てているケースはあるけれど、それ以外はあまり耳にしない。同性カップルの子育ては、やっぱりここでは歴史が古いんですな。